読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断崖絶壁

競馬。重賞の復習記事、最近の開催の血統傾向、馬場傾向分析についての研究など。亀谷敬正さんのサイト、ブラッドバイアス血統馬券プロジェクトのユーザです(www2.blood-b.com/wp/)。

3月18日、19日、20日 重賞の復習(ファルコンS、スプリングS、阪神大賞典、フラワーカップ)

各馬コメントの馬名太字+☆=次走注目馬。

☆☆=次走注目馬の中でも特に期待値高そうな馬。

★=長期的に注目しておきたい馬。重賞の復習。

 

ファルコンSの復習
◎エントリーチケット

(概要)

前週は先行した馬、内目を通った馬有利。当レースも位置を取った内~中枠の馬で決着。中京芝はナスルーラの血を持った馬が合う。短距離なら米国系ナスルーラかバクシンオー。中距離ならグレイソヴリン系。1400mはこれらどちらか。結果的に、中距離指向、短縮馬で決着のレースに。

(各馬メモ)

コウソクストレート

 シンザン記念は特殊馬場。良馬場で、短縮1400mで嵌った。

ボンセルヴィーソ

 控えるレースでかかり気味に。揉まれず気分よく走ったほうが良さそう。ダイワメジャー産駒なのでおそらく間隔取ったほうが良い。

メウソンジュニア 

 短縮決着、内枠も向いた。

デスティニーソング

 500万の1200mを短縮で勝った後。内目の枠で延長。揉まれる競馬も良くなかった。ダートでも注目。

エントリーチケット

 大外枠でも思い切って先行してくれないか、と期待したら、思い切って後方から内を狙う競馬だった。重賞で追い込むほどのキレがないし、今日の馬場では。

 

スプリングSの復習
◎なし

(各馬メモ)

ウインブライト 

 新潟2歳S2着のウインファビラスの全弟。この馬は牡馬で体調安定しそう。少し余力がありそう。

サトノアレス

 スタート躓いたし4角もごちゃついた。不器用な馬。広いコースで。

 

阪神大賞典の復習
◎なし

(各馬メモ)

特になし。

 

フラワーカップの復習
◎サンティール

(各馬メモ)

ファンディーナ

 緩い流れ。メンバー恵まれたが突き放す強い内容。

シーズララバイ

 離れた2着争いを制した。1頭だけ短縮で差す競馬で上位に。それなりに評価できる内容だが、おそらく、コース、馬場条件がよほど向いていたのだと思う。

ハナレイムーン

 重賞では現状、力不足。

サンティール

 かなり乗り難しそう。動き出し悪かった。スムーズな競馬をした馬が上位を占めたが。矯めて末を活かす競馬では難しそう。

3月11日、12日 重賞の復習(金鯱賞、中山牝馬ステークス、フィリーズレビュー)

各馬コメントの馬名太字+☆=次走注目馬。

☆☆=次走注目馬の中でも特に期待値高そうな馬。

★=長期的に注目しておきたい馬。

 

金鯱賞の復習

サトノノブレス

(概要 )

開催が春に変わって、ハンデG3の中日新聞杯と入れ替わり。開催初日、標準からやや重めの馬場。先行した馬が抜け出しやすい傾向。結果的に当レースは、内枠の馬と逃げた馬の決着。

(各馬メモ)

ヤマカツエース 

 当日行われた中京芝5レースのすべてのレースでキングマンボ系、キングカメハメハの血を持った馬が馬券になった(合計7頭)。すでに勝っている条件。

ロードヴァンドール

 フラットな馬場で、先行した馬が抜け出しやすい馬場に合った競馬。逃げたのも良かった。母系にリボーをもっていて、欧州血統有利な馬場も向いた。

スズカデヴィアス

 逃げてバテていた過去の重賞とちがって、OPで差す競馬を身に着けた後。1着馬の項で述べたキンカメバイアスに嵌ったし、前走よりやや後ろからレースをすすめたのも巧かった。

ナスノセイカン

 前走AJCC杯は外を回る馬に不利だったレースで評価した。欧州指向の血統で、馬場にも合っていた。

ルミナスウォリアー

 前走AJCC杯は内枠から外に出したぶんの負け。G2では力不足。

ステファノス

 直線の瞬発力で勝負するタイプには不利な馬場。

プロディガルサン☆

 短縮で激走した後。馬場もステファノス同様に向かなかった。素直に先行したのはよかったが、今回、このメンバーで0.3差7着なら十分。

ルージュバック

 馬場うんぬんよりも、内枠で好位からの競馬は合わない。なかなか条件向くレースがなさそう。少頭数、外枠で体力活かせる条件で。

タッチングスピーチ

 近走不振。調子落ち。

ヌーヴォレコルト

 国内では不振。

サトノノブレス

 予想的には完敗。金鯱賞の内容がそれほどでもなかっただけに、人気薄だからといって1着馬よりも上位にしたのは甘かった。いろいろあるが、まだこんな馬を本命にしてるの?というレベルの話で、恥ずかしい。

アングライフェン

 前走内容を評価した馬。位置取れず、あまり走る気になれなかったのでは。前走好走→今回Xの交互リズムといった感じ。

パドルウィール

 外枠があまりよくなかったかもしれないし、馬場の血統傾向とはあわなかったが、前走に続いて負けすぎ。調子落ち感。

 

中山牝馬Sの復習

◎サンソヴール

(概要)外枠の期待値高い、と予測していたら内枠決着。非主流サンデー系が有利なレースという予想で4頭しかいない父非主流サンデー系のキンカメ産駒を◎にしたら、もう一頭のキンカメ産駒が1着。

(各馬メモ)

マジックタイム

 ラストランとのこと。内容的には1着。

トーセンビクトリー

 もう一頭のキンカメ産駒w+「疲労がない重賞内枠キンカメ」wwwフラットな馬場でも外枠が不利にはならない、と予想していて、内枠の馬が1着。これはこれで恥ずかしい。血統で期待値が高まる、のであれば、前走重賞2着のサンソヴールではなく、久しぶりの重賞になるこちらを狙うべきだった、というのが馬券術的反省。これまで道中集中して走れなかった馬で、内枠3番手で折り合って激走というのは普通に考えたら難しい発想なわけで、血統馬券としては、上位評価しないのは失策。

クインズミラーグロ

 内枠決着で恵まれた。

パールコード

 外枠不利。

デニムアンドルビー

 外回る不利。

ウキヨノカゼ

 外回る不利。

フロンテアクイーン☆

 外回る不利。

サンソヴール

 前走激走の疲労は影響なかった。キレ負け=力負け。中山の坂も問題ない。

プリメラアスール

 前走に続いて負けすぎ。左回り云々よりも、調子落ち。

ハピネスダンサー

 調子落ち。

 

フィリーズレビューの復習

◎アズールムーン

(概要)

 テン33秒台のハイペース。外枠の差し馬で決着。

(各馬コメント)

 カラクレナイ

 流れ向いた。チューリップ賞に続いてノーザンダンサー種牡馬の産駒が1着。ディープ産駒の牝馬が今年は目立たない。

 レーヌミノル

 短縮で差しに回る好騎乗だったが、直線追い出して一気に内へ斜行。カラクレナイと差はなさそう。

 ゴールドケープ

 短縮で外枠からスムーズに差した。

 ジューヌエコール

 前の2頭が飛ばす展開の後ろでテンは離れた位置だったが、体力的には厳しい流れ。直線入り口で2着馬に前をカットされたので0.6差は評価。走り方からも例年どおりキレが要求される流れになると不利。スタートからスピードに乗るまで時間かかりそうだが、思い切って逃げたら面白そう。NHKマイルカップのほうが面白い。

 アズールムーン☆

 ベルカプリが引かず、さすがに流れ厳しすぎた。芝でもダートでも自己条件なら。ダート経験後だったし、逃げなくても走れると思っていたので残念な展開だった。

 

おまけ。アネモネSの復習

(概要)例年、500万下またはOP以上から臨戦の好調な差し馬、主流血統の馬が好走しやすいレース。今年は前走OP以上好走していた馬が1着馬ライジングリーズンだけ。500万下で好走していた馬が2着ディアドラと5着ラッシュハートの2頭だけ。

(各馬コメント)

スズカゼ★

 厳しい流れ、外から早めに来たリエノテソーロを差し返したし、最後まで頑張っていた。安定して走れそうにはない。

リエノテソーロ☆

 早めに捲る形。騎手の体内時計が壊れていたのかも。強い内容。

3月5日、6日 重賞の復習(オーシャンS、チューリップ賞、弥生賞)

重賞の復習

各馬コメントの馬名太字+☆=次走注目馬。

☆☆=次走注目馬の中でも特に期待値高そうな馬。

★=長期的に注目しておきたい馬。

 

オーシャンSの復習

◎アースソニック

(概要)

 フラット~やや内枠有利な馬場。欧州指向の馬場。差し馬走りやすかったレース。メラグラーナの力が違った。

(各馬メモ)

 メラグラーナ 

 外目スムーズ。1頭だけ違う脚。馬場合ったしメンバー的にも恵まれたかもしれないが。

 ナックビーナス 

 前走は京都で重い馬場、差し馬向きの流れ。延長では位置取りショックでコントロールしたほうが良いダイワメジャー産駒。今回は短縮で流れも向いた。

 クリスマス

 馬場合ったし差したのも好騎乗。

 ブレイブスマッシュ 

 馬場合った。

 ブラヴィッシモ

 短縮で無理せず直線だけの競馬。内を突いたのも好騎乗。前走は展開不利だったのと、蓄積疲労は薄かったし、勝ち馬と同父、馬場も合っていたのでさほど評価する内容でもなし。

 コスモドーム

 外を回った馬は間に合わなかったし、力も少し足りない。

 アースソニック

 矯めるだけ矯めて大外一気が嵌る流れを期待したが、流れも位置取りも予想外に。位置を取ったが、勝負所で置かれ、外から被される展開。流れの中で競馬するのは合わないタイプでもあり。直線ジリジリと伸びるが前は捕まえられず、スムーズに回った馬には交わされる内容。

 ラインハート

 成績通り、重賞では厳しそう。短縮よりも同距離、延長向きの馬。今回は外目も回ったので。キレで勝負できるタイプではない。毎回力を出せるタイプでもなく、一度休養してからが狙いやすそう。馬力要求される馬場で内枠とか。OPまで上がってしまうと、狙える機会がやってくるかどうか。

 ウインムート

 ドリームバレンチノ、マイネショコラーデの全弟。母は小倉2S勝ち馬という良血。札幌と京都(しかも時計がかかる重い馬場)でしか走っていないので、とりあえずはそういうつもりで。集中力欠ける感じの馬。控えて頑張る感じでもないので、重めの馬場やテンが速すぎない条件で、スンナリ先行できれば。

 

チューリップ賞の復習

◎なし

(概要)

 高速馬場。ソウルスターリングの完成度高い。

(各馬メモ)

 ソウルスターリング

 完勝。このメンバーでは強い競馬。

 ミスパンテール

 母系はパッとしない血統。内で矯めて伸びた。

 リスグラシュー

 早めに外に出したが、今日の馬場では外に出すのが早すぎた、という内容。ただ人気だったのと外から一気に脚を使いたいタイプなので仕方ない。ハーツクライ産駒らしく、思い切った競馬向きで、人気では引き続き信頼しきれない感じ。能力は高いのに。ただ、巧く乗られたとはいえ2着馬に交わされたのはマイルでは不安要素。

 ミリッサ★

 現状、力負けでは?リラヴァティシンハライトの妹。リラヴァティ桜花賞トライアルでは3着、桜花賞では9着だったが、その後、5歳まで走って重賞勝ち(ほかに2着も)。母父シングスピールで血統的なスケールがあるので、じっくりと観察していきたい。血統的には、馬場の適性幅も大きいはず。

 ワキタエンカ☆

 展開不利。

 エントリーチケット★

 揉まれ弱い。

 

弥生賞の復習

◎ベストアプローチ

(概要)

 緩い流れ。土曜の中山芝は内目を通った馬が有利だったが、日曜は騎手が意識したか、条件戦では超ハイペース、その後の弥生賞では超スローで、ともに外目を捲った形の馬が上位に。

(各馬コメント)

 カデナ★

 馬場合うような走り方でもなかったが勝ち切ったのは立派。

 マイスタイル

 好騎乗。昆貢きゅう舎は土日ともにトライアルで穴に。

 ダンビュライト★

 馬場も合っていた感じ。延長できっちり走っている。

 ベストアプローチ

 馬場合っていた。内を回ったが、4角で3着馬の内を割れず、外に立て直したぶん4着に。

 サトノマックス★

 スタートで隣の地方馬と騎手にタックルされたし、新馬戦から400mの延長だったが、それなりに折り合って、直線は大外から上り1位。馬体も大きめだし、精神的にも弱くはなさそう。

 コマノインパルス

 直線スピードで勝負するタイプではないので、早めに捲ったのは当然の判断。

 

 

おまけ。

大阪城S(OP)の復習

ガリバルディ

;前走京都記念の復習で☆☆評価した馬

(概要)主流サンデー走る馬場。超スローで直線スピード勝負に。もう少し流れると思ったが、後方から外目を回っても上り1位でなんとか3着に(4番人気)。これだけ走られるともう少し速い流れと、どちらが良かったかなんとも言い難いが。トルークマクトは前走位置を取っていた短縮馬で、例年のこのレースの好走パターンに該当したため紐に拾っていたものの、評価下げた1番人気のアストラエンブレムに内を回って上り1位タイで普通に走られてしまったためハズレ。馬券的な反省としては、相手馬が頼りなかったのと、想定していたトラックバイアスに一致する馬も少なかったので、人気実力馬を相手にするか、トルークマクトを相手(または◎)に買うのが正解だったのだろうと思う。