断崖絶壁

競馬。重賞の復習記事、最近の開催の血統傾向、馬場傾向分析についての研究など。亀谷敬正さんのサイト、ブラッドバイアス血統馬券プロジェクトのユーザです(www2.blood-b.com/wp/)。

6月4日 安田記念の復習

1番人気のイスラボニータが飛んだ理由を考えてみると、あらためて勉強になりました。

予想では、先行馬が多く、ハイペース予想。でも、イスラボニータは消せないなあ・・・と思って(3番手▲評価)いたのですが、ペースは的中したのに結果は8着。

安田記念は5F 57.6、上り3F 34.4。RPCI 49.6(TARGET frontier JVではペース評価のための指数であるレースPCI="RPCI"が算出されます)。

faqnavi13a.csview.jp

安田記念のラップパターンについて

安田記念の過去10年をみると、RPCIは2016年を除いて~52。かなりの高確率でRPCIが52以下で、スローの上り勝負にはなりにくいレースです。

◆RPCI別集計
集計期間:2007. 6. 3 ~ 2016. 6. 5
----------------
RPCI データ数
----------------
RPCI~36
~44
~52 90.0%
~60 10.0%
~68
~76
----------------

 

そして今年も、同様にRPCIは49.6であり、道中の平均ラップよりも、わずかに上り3Fがかかるレースでした。

イスラボニータの脚質について

イスラボニータ安田記念以前の戦績21戦のうち、重賞19戦についてRPCIによる集計をすると~52(平均~やや速めの流れ)が単回値が低いですが、それほどRPCIによる適性差があるといえるデータではありません。

◆RPCI別集計
集計期間:2013. 8.25 ~ 2017. 4.23
------------------------------------------------------------
RPCI 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
~52 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0% 35 110
~60 3- 3- 4- 4/14 21.4% 42.9% 71.4% 101 148
~68 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 220 110
------------------------------------------------------------

しかし、~52で好走した3つのレースは、すべて内枠。凡走した1Rは休み明けでしたが11頭立ての6枠。

外目の枠=5枠から8枠で集計すると、もちろんサンプル数は少ないですが、RPCIが小さくなるほど成績が悪い傾向がみられます。

~52 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 
~60 1- 1- 3- 3/ 8 12.5% 25.0% 62.5% 47 128
~68 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 220 110

逆に、内の1-3枠で集計すると、1-3枠+RPCIのレースで単回値も最も高いことがわかります。

~52 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 70 130
~60 2- 1- 1- 0/ 4 50.0% 75.0% 100.0% 260 202

G1を勝った皐月賞が1枠。RPCIは52.3。前走のマイラーズカップ勝ちは8枠でしたがRPCIは55.6。

これらから考えられるのは、イスラボニータのベストなレースパターンは、

・「RPCIが~52とハイペースなら、内枠が良さそう。」

・「~60,~68と明らかにスローで上り勝負なら外目の枠でも好走できるが、勝率落ちることから、外枠自体が得意ではなさそう」

ということ。「馬群で前半できるだけ矯める競馬向き」だといえます。

一方で、過去の戦績をみると、3角で9番手以下だったのは19レースのうち3レースだけ。しかも0-1-2-0とイスラボニータにとっては悪い成績に偏っています。1着になった5レースのうち、上り1位だったレースはなし。2位で2勝、6位以下でも1勝。そもそも上り1位を出したのは19レースのうち1回だけ。

つまり先行しやすく、上りは後ろにいる馬には多少なりとも詰め寄られる傾向があります。

これらのデータからイスラボニータは「前半矯めたほうがいいけど、あまり後ろに位置していると、上り勝負では、より速い上りを出す馬がいてキレ負けするリスクを負いやすい」または、「前半矯めたほうがいいけど、スピードがあるか、気性が前向きなため、自然に先行してしまうため抑え込むのが難しい」かの両方、またはどちらかが理由でしょう。レースVTRでみる実際のレースぶりは、このふたつともの特徴が現れていると思います。

血統的にみれば、イスラボニータは父フジキセキ。スピードのある馬を出しやすい血統。また、母父コジーンはグレイソヴリン系。日本の芝では上りのスピードの持続力をもった馬が出やすい血統。

イスラボニータの前走マイラーズカップは11頭立てとはいえ大外枠から、確かに強い競馬でしたが、前半矯めたスローで、京都芝外回りの坂の下りから、自然とペースが速くなって、そのままゴールまで高速上りで決着するレースというのは、イスラボニータのベスト条件ではないでしょうか。

今回の安田記念でのイスラボニータ

さて、今回の安田記念ではイスラボニータは7番手/18頭とやや前よりの外目。

直線はルメール騎手がコメントしていたように、たしかに進路がなかったのですが、速い流れで先行した馬が止まるレースで、その直後で外に馬を置きながら我慢するレースを選んだ時点で、不利を受けてしまうのは確率的に十分ありえる話。

そしてもう一点、速い流れを追走して、末脚が鈍った面があるのではないか、ということ。過去の成績で、サンプルが少ないながらも、外枠+RPCI~52のハイペースでの成績がいまひとつなことからも、「速い流れを追いかけて、さらに外めを回る不利があっても、直線しっかりと繰り出せる豪脚」なるものがイスラボニータに備わって無かったのではないでしょうか。

 

なお安田記念を1着になったサトノアラジン

過去の戦績のうち、上級条件といえる1000万下~G1での戦績をRPCIごとに集計すると、RPCIが小さい=ハイペースになるほうがより好走しやすい傾向。

~52 3- 0- 1- 1/ 5 60.0% 60.0% 80.0% 164 122
~60 2- 3- 1- 7/13 15.4% 38.5% 46.2% 50 71
~68 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130

枠傾向でも明らかに外枠のほうが成績が良かったです。

1-3枠 0- 2- 2- 1/ 5 0.0% 40.0% 80.0% 0 132

4-6枠 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0% 85 62

7-8枠  3- 0- 0- 1/ 4 75.0% 75.0% 75.0% 155 97

そしてRPCI~52+6-8枠は  3- 0- 0- 0/ 3 100.0% 100.0% 100.0% 273 150

10番手以下に位置取る傾向もあるので、ハイペースでもサトノアラジン自身は前半マイペースでゆったり運べているレースも多そうで、「速い流れを追いかけて、さらに外めを回る不利があっても、直線しっかりと繰り出せる豪脚」をもった馬とは言えませんが。

 

まとめ

・ハイペース+外目を位置を取って追走すると脚を無くすのが普通。

・ハイペース+馬群で我慢の競馬だと直線はバテて下がってくる馬を交わすのに不利を受ける確率が高まる。

・RPCI+枠順でも馬ごとの得意パターンが見抜けることがある。

(各馬評価)

サトノアラジン 前述

ロゴタイプ 皐月賞1着時がRPCI 48.0とハイペース。被されない外枠。また行き切ったのも良かった。

レッドファルクス 高速馬場でスプリント寄りの能力が活きた。ダートでも好走しているし、スプリンターズS勝ちが外枠+RPCI 47.7を外から捲り気味に進出して差し切り。"豪脚"的だった。

エアスピネル RPCI 48.2+高速決着の京都金杯勝ち。今回は後方からになったが、休み明けから勝ち負けするタイプ。むしろ前走マイラーズカップ2着の反動も若干ありそうだし、気性をコントロールする必要がある馬。

イスラボニータ 前述

 

 

 

4月23日、24日の復習(福島牝馬S、フローラS、マイラーズカップ)

4月23日 福島牝馬Sの復習

馬コメント

ウキヨノカゼ(◎)

前走の中山牝馬Sは、延長+外の差し不利だったレースで0.2差。内枠5番手から0.1差だったクイーンズミラーグロが人気なのは目安になった。前残りで波乱になりやすいレースとはいえ、内枠の人気寄りの馬なら中団~後方からでも馬券になっているレース。

母はダート1000mで1勝、祖母は芝ダート短距離で2勝。兄妹も未勝利。この馬だけが抜けた戦績。父ニジンスキー系以外で、3代以内にニジンスキー系を持っている馬は福島芝で好成績。特に1200mと1800m。

フロンテアクイーン

前走の中山牝馬S勝ち馬と同様の競馬。全兄のザトゥルーエアーは小倉芝で2勝。母は中山1800mで1勝。小回り中距離合う。父サドラーズウェルズ系で、ニジンスキー系が合う馬場ならセットで走ることも多い。

クイーンズミラーグロ

今回はスタートで不利で後方から。展開は向いた。これで牝馬限定重賞3連続3着。母系は米国血統で、兄弟はダートや短距離で好走。勝ち馬もダート指向だし、2着馬も兄弟は地方ダートで好走している馬。結果的にダート寄りの能力も問われていたレース。

 

(4着以下の馬)

デンコウアンジュ

2勝がともにコーナー2つの1800m、1600mだったこともあってか、コーナー4つの中距離は秋華賞しか使っていない馬。2勝ともに長く脚を使っていた馬。今回は展開厳しすぎた。祖母は下級条件とはいえ6歳まで好走していた馬。母は使い込めず引退しているので、連続好走できるタイプではないのはないか、と思うが、年齢的にはまだやれるのでは。父サドラーズウェルズ系、母父ニジンスキー系。

ギモーヴ

ハービンジャー産駒で、小回り中距離は合う。ただ、ハービンジャー産駒が負けるパターンとして、前半置かれて差し届かないことは多い。前半スローで、どこかで急加速するようなレースに向く血統。小回りだと、直線向いたタイミングで急加速して抜け出すのが勝ちパターン。今回はテンから厳しく、中団も緩まずで4角は最後方から直線向いて脚を使うパターンでは、さすがに無理。母は1600mのヴィクトリアマイル2着馬、重賞勝ち馬。近親にカレンミロティック。今回は輸送の影響か、-12キロでもあり、血統背景はあるので、まだこれから。

 

4月24日 マイラーズカップの復習

馬コメント

イスラボニータ

実績馬。短縮よりも同距離、延長のほうがやや好走していた馬。高速馬場も向いた。

エアスピネル

1600mでは安定。前走は2前の反動かもたついたが、間隔取ってきっちり好走。

ヤングマンパワー

父はスピードあるがスプリント血統。マイルで勝っているのは本馬だけ。高速馬場向いた。

 

(4着以下の馬)

プロディガルサン

全兄弟がラングレー、リアルスティール。兄弟も1分33秒~34秒台でマイル勝ちのある血統。マイルはそれなりに合っているのだろうが、今回は時計速すぎた感じで、現状、マイルでは時計のかかる弱い相手向き、人気で頼りない。

4月24日 フローラSの復習

馬コメント

モズカッチャン

ハービンジャー産駒が東京で重賞勝ちというのは完全に予想外だった。ただし、日曜の東京は、夜間の雨の影響か特殊な血統傾向で、父大ノーザンダンサー系が3-4-2-12。母父大ノーザンダンサー系は出走多いものの3-2-3-24で、ともに単複回収プラス。馬場傾向に嵌った、と思う。

ハービンジャーの産駒は、上述したが、道中置かれたり、ダラダラ脚を使う流れでは今一つ。すでに重賞好走している産駒をみても、内枠自体は問題のないタイプ。今回は道中緩んでスローから後半加速するレースに向いた。

本馬の母系は特に目立つ戦績ないが、母母父はストームキャット系。

ハービンジャー産駒で、母系に米国ノーザンダンサー系を持っている馬は1800m以上で先週まで昇級戦で3-3-0-9、単256複125。アグネスフォルテ(母父フレンチデピュティ)が2016京都新聞杯9人2着。サトノリュウガ(母母父フレンチデピュティ福寿草特別8人1着など。今回の2着馬も母母父ヴァイスリージェント系。

延長ローテはハービンジャー産駒にとって期待値高い条件。特に近走(今回より短い距離で)、道中中団より前で競馬をした経験があったり、前走先行していた馬の期待値は高い。道中も楽に追走して、後半伸ばす競馬がしやすいのだろう。

しかし産駒は東京芝では、先週まで人気馬しか走っていなかったので、やはり買い辛かったのは確か。今回は馬券的には、当日の特殊な血統傾向に乗れるかどうかがポイントだったと思う。データで回収値高い馬が、今回も期待できるとは限らないが、「今回有利な馬」はデータに無関係に、短期的な回収値高くなる。たとえば集計上は外枠不利なコースだあろうが、短期的には外枠有利になることもあるし、そのタイミングを当日や前日傾向から高確率で見抜くことができれば、外枠不利なはずのコースで外枠を買ってプラスが見込めるという話。

ヤマカツグレース

ヤマカツエースの妹。兄も3歳から重賞好走していたし、この馬も上述したハービンジャーで母系に米国ノーザンダンサー系。また、2前のフィリーズレビューで、重賞で短い距離(1400m)を使って5着に好走していたのもハービンジャー産駒にとって期待値高い臨戦パターン。

フローレスマジック

ディープ産駒は勝ちきれないレースで、それほど向いていない条件なのでは?と予想したが、今年も人気で3着。母父ストームキャットで、先行できたのも今日の馬場に合ったのでは。ラキシスの妹であり、潜在能力が高いのだと思う。

 

(4着以下の馬)

ホウオウパフューム

母父Kingmamboは過剰人気になりやすい。母はダート1400-1700で2勝。また父ハーツクライ産駒はこのレースでは馬券になっていない。半兄ジューヴルエール(父ディープインパクト)は5歳芝2600mで2勝目。他の兄妹は未勝利。主流とズレた条件のほうが良さそう。また直線スピード争いでは劣りそう。今回は最内を追い上げた勝ち馬以外は前残りのレース。

ビルズトレジャー

祖母はメジロドーベルメジロドーベルを持つ一族は、2歳から芝回収値高い。東京芝も回収値高い。重賞では青葉賞勝ちのショウナンラグーン。父ダノンシャンティの産駒は、父母父のミルリーフ系の血が影響するのか、延長期待値高い血統。今回は外目の枠で中団後ろからで、展開不向き。

キャナルストリート(◎)

土曜に下級条件とはいえグレイソヴリン系持ち馬が好走していたことで評価したが、外目に出して直線完全停止。2前のアイビーSは、ソウルスターリングに完敗だが先着された馬3頭全てがその後重賞で連対。ブロードストリートの半妹。兄弟では青葉賞3着馬も出ているが、小回り、内回りで期待値高い血統。

4月8日の復習(NZT、阪神牝馬S)

4月8日の復習

ニュージーランドT

馬コメント

ジョーストリクリ

父、母系ともに出走少ないが、芝ダ短距離での好走が目立つ血統。今回は前残り、内枠有利で時計のかかる馬場で嵌った。結果的に内枠+先行した延長馬での決着。

 

メイソンジュニア

1着馬と同様、短距離で勝ち星挙げた馬。内枠の延長。マル外で父の産駒も他になし。

 

ボンセルヴィーソ

祖母は芝中距離2勝、母はダート1勝。母系に注目点がなく、兄弟もダート、地方での好走目立つ。

 

(4着以下の馬)

スズカメジャー

今回は不利な外目の枠、後方からの競馬で論外。母はスズカマンボ天皇賞春)の妹。芝短距離5勝。CBC賞2着。奥深そうな血統で、今後も注目。

タイセイスターリー

外枠不利。ミッキーアイルスプリンターズSNHKマイルC)の弟。本馬は父マンハッタンカフェで、テンのスピードは明らかに兄には及ばず、揉まれると不安。

クライムメジャー

サトノノブレス日経新春杯鳴尾記念など)、ヒカルオオゾラ関屋記念2着)。中距離ではそれなりにスピードやキレがある一族。早い時期から走る。人気になりがちで、コケることが目立つので、回収値は高くない。

 

阪神牝馬ステークス

馬コメント

ミッキークイーン

既にG1実績馬。昨年よりもメンバー弱かったか。

 

アドマイヤリード

母は輸入。欧州中距離重賞勝ち馬。重い馬場、広いコースは向いたのでは。父ステイゴールド産駒は上級条件、特に重賞でやや重以下の馬場では単複回値100円超えで優秀な成績。

 

ジュールポレール

母はダート短距離3勝。半兄にサダムパテックマイルCS)のディープ産駒。

 

(4着以下の馬)

クイーンズリング

マンハッタンカフェ産駒は、上級条件の距離短縮では外枠6-8枠と内枠1-3枠時の差が大きい。短縮ならスムーズに走りやすい外枠向き。