読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断崖絶壁

競馬。重賞の復習記事、最近の開催の血統傾向、馬場傾向分析についての研究など。亀谷敬正さんのサイト、ブラッドバイアス血統馬券プロジェクトのユーザです(www2.blood-b.com/wp/)。

4月9日の復習(1)桜花賞

※血統に対する検討を書きはじめました。

4月9日の復習

桜花賞

馬コメント

レーヌミノル

祖母プリンセススキーは87年旧阪神で行われたラジオたんぱ杯3歳(現在の2歳)牝馬S(G3)勝ち馬。フサイチヒロシ(芝1200mで1600万勝ち、ダ1400G3で3着)など。母の産駒は11頭のうち10頭が芝で1勝以上。ダートで勝ち星なし。芝での回収値は本馬を除いても105円と優秀。OPでは2012年フローラS3着のダイワデッセー、2013年スイートピーS3着のダイワストリームと芝で仕上がり早く、3歳までのOPでの回収値も高かった。コース、距離別でも芝短~中距離で特に差はなかった。ただし、2000m以上で好走した産駒は父スペシャルウィーク。父ダイワメジャーは1800m以下で馬券に。本馬も、2400mや2000mで特にパフォーマンス上げるタイプではないのでは。

ダイワメジャー産駒は馬力+スピードで勝負するタイプ。気分よく走れないと脆さもある。過去10年の桜花賞は良馬場で、9頭出走して14人気3着のプリンセスジャック1頭のみ好走。人気だとマークされるし、差し脚比べだとディープ産駒に劣る傾向。今年は水分残った馬場でハイペースなのに結局先行して粘り込めるという特殊な馬場に嵌った感じはある。近年、桜花賞で活躍していたディープ産駒の牝馬が、今年は出走少なかったのも運命的に感じる。

 

リスグラシュー

兄弟はすべて牝馬。特に仕上がり速いというわけではないが新馬勝ち馬もいる。母系にミルリーフの血があって、本馬の父はハーツクライなので、父母父トニービン凱旋門賞的な欧州ナスルーラ系を2本も持っているので、スピード勝負向きでもないのでは。またトニービン持ち馬はスタート鈍かったり急かすとかえってダメな馬も多いと思う(ルーラーシップとか)。

ハーツクライ産駒は、全体では2~3歳重賞では目立った回収ではない。特に1200~1400mでは0-0-0-8で父のイメージどおりに中距離以上で体力活かしたいタイプ。しかし、特にノーザンF生産馬に限れば該当馬の2~3歳重賞は単複ともにプラス。該当23頭のうち13頭が1回以上馬券になっていて、単または複回収値プラス。本馬もノーザンF生産馬。育成~仕上げで違いが出ている感。

本馬は2着とはいえ昨年の阪神JFのパフォーマンスが圧巻だった。今回はトライアルよりも速い流れ、タフな馬場も体力活かせる好材料だったのだと思う。同父ではヌーヴォレコルトオークスを勝っているし、間隔とって成長期待できそうなのと、距離伸びて体力必要になるのは良いと思う。

 

ソウルスターリング

結局、主流サンデー系の産駒が1、2着だったが、それでも3着に踏ん張ったのは基礎的な能力の高さ。

フランケルの産駒は少数(世界的にも種付け頭数が抑えられているし、高額なので日本への輸入馬も少ない)。その父ガリレオ産駒よりはスピードとキレがありそう。母は米、仏の芝中距離G1を6勝。

同じ父フランケルミスエルテ(母は米AWの短距離G1勝ち馬)は今回、重馬場不安との陣営コメントもあり、結果も惨敗。とはいえフランケル産駒自体は重い馬場自体はプラスといちおう想定。ミスエルテは母系からの1400指向と、直線平坦コース指向(同馬の母父Pulpit産駒は芝での回収も単複100円超えているが、中山や阪神では標準以下の値)が強いのでは。

フランケルハービンジャーも父ノーザンダンサー系であり、欧州万能種牡馬ダンチヒを持っている馬。フランケルを「スピードのあるハービンジャー」と仮定すると、東京マイルが阪神マイルよりも合っているとは言い難い(高速馬場でスピードがより要求されるから)。

したがって本馬の母系からは距離延長したほうが期待できそう。NHKマイルCヴィクトリアマイルよりは、オークスで。またほんとうに直線勝負になった場合はキレ負けする可能性。

 

(4着以下の馬)

ワキタエンカ

ディープ産駒。母系はパッとせず特に仕上がり早いわけでもない短距離血統。それだけに秋に新馬勝ち~比較的安定して走っているのはディープインパクトの力か、育成~調教の力か。ディープ産駒とはいえ控えてキレで勝負するのではなく、揉まれずスピードと体力活かす形で好走しているのは母系の米国血統の影響だと思う。兄も中山ダ1200を外枠から先行して勝っている。ここまでは厳しい流れを先行して粘るという見どころのある競馬ができているが、同様のパターンで2、3歳戦を勝ち上がったディープ産駒が3歳春以降、不調になるパターンは多い。好位~差し競馬ができるか、2000mくらいの中距離で走れるタイプは、古馬までそれなりに走っている。単調な競馬で短めの距離しか使えないと、先行き不安。

ゴールドケープ(◎)

重賞ではスピードに欠けそうだったが重い馬場なら、と期待してみたが、中団から伸びず。外目の枠や少頭数が良さそう。

母は小倉2歳S勝ちのジュエルオブナイル

ワークフォース産駒は、芝ダートともに標準以下の回収。芝向きだがスピードや器用さがないといったイメージ。ちなみに新馬~500万下の芝、ヤヤ重以下の馬場で、コーナー2回+7、8枠の馬は単複ともに大幅プラス。良馬場だと基本的に当てにならないが、人気薄で馬券になるのは後方から追い込み決めるとか、外枠から差すとか、2番手から粘るパターン。

 

レースコメント

やや重い馬場。当日、最内は伸びていなかったが、下級条件ではバラけていたため枠傾向は出ず。桜花賞も中~外枠の実力馬+内に入りすぎず、直線は外に出したリスグラシューが上位。

 

 

4月1日、2日 重賞の復習(ダービー卿CT、大阪杯)

各馬コメントの馬名太字

☆=次走~3走以内目処、短期的に期待値高そうな次走注目馬。

☆☆=次走注目馬の中でも特に期待値高そうな馬。

★=長期的に注目しておきたい馬

大阪杯の復習

◎アンビシャス

(概要)

G1に昇格。緩い流れ、バラけた展開でキタサンブラックが順当勝ち。

(各馬メモ)

キタサンブラック

速い流れの内枠で仕上がり途上なら脆さを見せる期待ができたが、逃げた馬が59.6、その後5馬身以上離れた3番手で緩い流れ。スタートから2角まで、サトノクラウンデムーロ騎手、サクラアンプルール横山典騎手に外から被される展開でちょっとだけ怪しい雰囲気もあったが、結局馬群がバラけて、向こう正面では自分の競馬ができる位置に。完勝。

ステファノス

内枠で揉まれるのは良くない馬。前に位置取って、3-4角ではバラけていたので。勝ち馬にスムーズについて行ってそのまま入線。

ヤマカツエース

前半スローで後半長く脚を使う流れは得意。有馬記念でも差し馬で最先着で接戦していたので。

マカヒキ

緩い流れでむしろ良かったが、直線スピード争いできる条件向き。内回りや重い馬場は不利。

アンビシャス

外枠からスムーズ。昨年は横山典騎手が2番手につける好騎乗。今年は順当に後方待機したのでこんなもの。

サトノクラウン

晴れて標準的な馬場、また速い上りも要求される展開は不利。これからの季節、大雨でも降らないとなかなか適鞍がないが。

ミッキーロケット

後方から。もっと体力要求される条件が良かった。

サクラアンプルール

疲労出たが、負けすぎ。なんともなければ、重い馬場で巻き返しを期待。

ロードヴァンドール★

疲労出た。まだ若く、小倉大賞典金鯱賞と力見せているので、疲労抜ければ今後も。

 

ダービー卿CTの復習

ダンツプリウス

(概要)

雨が残って重めの馬場。Bコースで先行馬、内枠決着に

(各馬メモ)

ロジチャリス

展開、枠順向いた。

キャンベルジュニア

展開、枠順向いた。

グランシルク★

4角ではまだ10番手、とても届かない位置だったが、さすがの反応で内を捌いて3着に。常に人気になるが、トップクラスだと直線スピードよりも器用さを活かしたいタイプ。

マイネルアウラート

外目追走したぶん4着。

ダイワリベラル

前走気分よく逃げた後だったし、今回は展開、枠順も不利。1600~2000mで体力活かせる条件で。緩い流れで位置を取って、なおかつ上りも速すぎない条件だったときがベストなので、OPでは弱い相手か特殊な馬場でないと難しそう。

ダンツプリウス

外枠不利。グランシルクをマークする形だが、キレ負け。不器用なので。

ガリバルディ

展開不利だし、前走の疲労も。

 

3月25日、26日 重賞の復習(日経賞、毎日杯、マーチS、高松宮記念)

各馬コメントの馬名太字+☆=次走注目馬。

☆☆=次走注目馬の中でも特に期待値高そうな馬。

★=長期的に注目しておきたい馬。

日経賞の復習

アドマイヤデウス

(概要)ミライヘノツバサが前走に続いて早めの競馬で体力活かし切った流れ。捕まえに動いたゴールドアクターが最後止まった。

(各馬メモ)

シャケトラ★

外を回ってスムーズな競馬。母父Singspielは欧州、日本、ドバイ(ワールドカップ)で馬場問わずG1勝ちしたとんでもない馬。JRA芝では全馬買い続けるだけで回収プラスという超良血。重賞馬はシンハライトリラヴァティコスモネモシンなど(牝馬ばかりだなあと今気づきましたけど)。父マンハッタンカフェで、大事に使われてこれが重賞2戦目なのも好感。スタミナ型でスムーズな競馬をしたほうが良いので、外枠も良かったが、消耗しないあいだは内枠でも要注意のはず。

ミライヘノツバサ

前走AJCC杯もペースを作って厳しい流れを粘り切った競馬。今回も引き続き。間隔とったのも良かった。父ドリームジャーニーらしく、中山向き。消耗戦向き。菊花賞で惨敗しているので、軽い馬場、ゆったり走る流れ、輸送はどうか。

アドマイヤデウス

G2大将(笑)。今回は位置を取って気分よく走れた。延長よりも短縮でコントロールしたほうが良いタイプ。有馬記念は外目の枠+延長で凡走。今回は同距離、速い流れ+内枠で、前を捕まえに動いたゴールドアクターの内で仕掛けを遅らせたのが嵌った。

レインボーライン

よく走っている。JCでのゴールドアクターとの着差を考えると、妥当なところでは。後方からレースをする馬なので、展開不利にはなりやすい。父ステイゴールドだが、NHKマイルカップでの強い競馬からも母父フレンチデピュティを意識したほうがよさそう。「3000mを走れるマイラー」といった感じでは。母系スピード血統を持った馬が近年の菊花賞天皇賞春勝ち馬のトレンドなので、天皇賞春も悪くないのでは。

ディーマジェスティ

末脚は出せている。走り方から馬群を捌くレースは合わないと思う。大外枠から後方一気の皐月賞がやはりベスト条件。

ジュンヴァルカン

出遅れ、シャケトラについて動いていった。力不足。

ツクバアズマオー

馬群に突っ込んだほうがよく、少頭数で外目を追走した前走、ハイペースでバラける展開を外枠から先行した今回は負けても仕方がない。また、母父ジャイアンツコーズウェイストームキャット系でも欧州芝で2000mG1を勝った馬で特殊なタイプだが、産駒は日本ではエイシンアポロンなど1600~2000mでの活躍が目立つ。長距離では2400mの京都大賞典2着のアンコイルドがいるが、2分22秒台決着の高速馬場。つまり中距離のスピード指向の血統で、本馬は父ステイゴールドとはいえ、1800~2000mがベストの戦績。欧州スタミナ指向強い今の中山芝で、適性より長めの距離では辛かったのだと思う。

 

毎日杯の復習

◎なし

(概要)8頭立て。特殊馬場だったシンザン記念で人気を裏切ったアルアインが間隔取って順当に1着。

(各馬メモ)

アルアイン★ 

追い出すと内ラチへ。多頭数の右回り、外枠では不安いっぱい。今回のような極端な先行策のほうがよさそうでかなり乗り難しそう。ただ先行して粘り切ったのは能力の高さ。

サトノアーサー★

ふつうならこの馬が1着になる競馬。重賞級のディープ産駒らしい直線スピードで勝負するタイプ。

 

マーチSの復習

◎リーゼントロック、アスカノロマン

(概要)

コクスイセンが飛ばして行ってハイペースに。

(各馬メモ)

インカンテーション

前走が距離短縮になったフェブラリーSで超ハイペースで逃げたのは前向きさ。今回は延長ローテになったのも良かった。57.5キロだが、毎年斤量は関係ない傾向のレース。実力馬が数度の休養を挟んで復活。

ディアデルレイ

好走する傾向のある8枠。馬場もあったしスムーズに走った。

アルタイル

延長で好走してきた馬。短縮臨戦だった昨秋の東京で、逃げてディアデルレイに0.3差。4着馬と同父カネヒキリで、ヴァイスリージェント系の血も合っていたのでは。

ロンドンタウン

2走前は内枠前残り競馬だったG2東海Sで外枠から追い込んで0.4差。実力はある馬。スピードはあるが、距離短縮はやや合わなかった。

アスカノロマン

スムーズに砂を被らず先行できた。湿った馬場で期待したが、ペースが速かったのと、坂が応えた。

リーゼントロック☆

内めの枠だったが先行馬が少な目。砂を被らなければと期待したが、内で好位という最悪の競馬。その割には頑張っている。

ディアドムス

時計のかかる馬場で一変した後。バテずに後方から差してきている。

コスモカナディアン

今回は1600mからの延長馬が1-3着のレース。2100mの川崎記念、2000mの仁川Sを好走しての短縮がレース質に合わなかった。12月の1600万下では先行したリーゼントロックに負けていたので実力が過大評価。

 

高松宮記念の復習

◎メラグラーナ

(概要)

雨。G1らしいタフな流れ。当日の馬場もやや差し馬有利。結果的に内枠決着。

(各馬メモ)

セイウンコウセイ

相手走れなかったとはいえ、実力見誤った。アドマイヤムーン産駒は重い馬場の鬼。

レッツゴードンキ

内枠決着、タフな馬場が合った。

レッドファルクス

実力馬。捌ければ当然好走。

トーキングドラム

外枠不利で直線も大外だがよく伸びた。短縮だったぶんもあるが力ある。

スノードラゴン

重い特殊馬場向く。ごちゃつくと良くないが、直線バラけて、伸びる内を突いた巧い騎乗・・・で、これなので、力落ちている。

ナックビーナス☆☆

外枠不利。前走の反動も気になる状況、また中団で揉まれた。

ソルヴェイグ

外目の枠、行けず。前走負けすぎで、今回は不利な条件。調子が戻ったかどうか微妙なところ。使い込まないほうが良さそう。

メラグラーナ☆

二走ボケ。休み明け1着→次走惨敗を繰り返している馬。外目の枠も不利。

シュウジ

ファルコンSと同様の競馬。行く馬が少ないのでイチかバチかの判断だったかもしれないが。気難しいのでアテにしづらいが、内枠向き。矯めていくレース、流れのほうが良さそう。また一回ごとの消耗が大きそう。

ワンスインナムーン☆

外枠不利。