読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断崖絶壁

競馬。重賞の復習記事、最近の開催の血統傾向、馬場傾向分析についての研究など。亀谷敬正さんのサイト、ブラッドバイアス血統馬券プロジェクトのユーザです(www2.blood-b.com/wp/)。

2月4日、5日 重賞の復習(きさらぎ賞、東京新聞杯)

きさらぎ賞の復習。
◎なし

(概要)近年は少頭数。

(各馬メモ)

 アメリカズカップ

  重い馬場、少頭数が合う血統。位置を取って突き放したのでそれなりに能力は高い。

 サトノアーサー

  それほど器用なタイプではなさそう。また、馬場もやや走り辛そうな感じだった。

 

東京新聞杯の復習。

◎ロイカバード

(概要)近年は上り上位を出してきたディープ産駒、主流サンデー系が好成績。今年は少頭数。レースは小雨。

(各馬メモ)

 ブラックスピネル

 上り勝負だと相対的に不利な馬で、金杯で短縮ハイペースに嵌った後でストレス、疲労が気になる局面だったが、少頭数でペースが落ち着き、また逃げることですべて巧く解決した。

 プロディガルサン

 兄(ラングレー、リアルスティール)も古馬になって中距離で上り勝負で活躍している血統。今回は大幅短縮で初の1600mだったので緩めの流れは追走しやすかったと思う。

 エアスピネル

 前走の金杯は、大幅短縮のハイペースを前めの位置取りをややかかり気味に追走。今回勝ち負けするにはブラックスピネルのような逃げ先行するのがベターだったが、今後のことを考えると、実際のレース内容どおり、控えるのが妥当な選択。Mでいう量はあるが闘争心強いタイプは、直線スピード勝負では相対的に不利になりやすいと思う。緩い流れで疲労の影響は出にくかったが、3着は十分強い内容。

 ストーミーシー

 能力は古馬OP~G3で馬券になることができるレベルで、強い相手に極端な後方待機から直線だけの競馬をするのがパターンのぶん不利にはなりやすい。

 ヤングマンパワー 

 上り勝負向きでない。

 ブラックムーン

 金杯に続いて不甲斐ない内容。調子落ちたのかも。

 ロイカバード

 力不足。