断崖絶壁

競馬。重賞の復習記事、最近の開催の血統傾向、馬場傾向分析についての研究など。亀谷敬正さんのサイト、ブラッドバイアス血統馬券プロジェクトのユーザです(www2.blood-b.com/wp/)。

高松宮記念G1 出走馬の評価

最初にまとめを書いてしまって、あとで各馬コメントを。

(実力馬)

レッドファルクス

▲メラグラーナ

================================================================= 

シルクロードSの結果からの注目馬)

注 ソルウェイグ

注 ラインスピリット 

シルクロードSは緩い流れで外目をスムーズに回った馬、決め脚のある差し馬が馬券に。流れ厳しくなるG1の参考にはならなさそうでした。

シルクロードSの復習記事

 

オーシャンS結果からの注目馬)

注 スノードラゴン

復習でメンバーレベル低そうだと判断しましたが、ここに至っては、短距離路線自体がレベル低い感じ。勝ち馬以外は、内を通った馬が穴になったレース。

オーシャンSの復習記事

 

阪急杯結果からの注目馬)

☆ シュウジ

ハイペースで差し馬決着だったレース。

阪急杯の復習記事

 

(その他のレースの結果からの注目馬)

注 ワンスインナムーン

================================================================

以下、馬番順に各馬の分析を。

1 ティーハーフ

道中二桁番目の位置どりからの追い込みが定番になっていて、不利を受けやすいです。前走は特殊馬場で、惨敗は気にせずともよく、近走、馬券には絡んでいませんが、全く能力が足りないわけではないので注意。ただ、やっぱり捌く不利を受けやすいはずです。

2 フィエロ

思い切って前走よりさらに後方から競馬しないと難しいのでは?

3 レッツゴードンキ

気難しく、とにかく気分良く走らないと。近走位置どりから、ここも極端な後方待機で、嵌れば。ティーハーフフィエロ同様、内枠そのものは問題ないですが、器用に走れる馬ではなく後方からでは、捌く上で不利があるので、人気過剰です。

4 ラインスピリット

集中して走れないので安定感がなく、全く人気はありませんが、シルクロードSは中途半端な競馬。同路線の馬には勝負になると思うんですが。

5 レッドアリオン

1200mにも慣れて前走は枠も展開も恵まれて悪くなかったのに敗退。難しいのでは。

6 セイウンコウセイ

前走は内枠不利なレース。外目の枠から流れ込み。上積み疑問。

7 レッドファルクス

間隔とりながら使われている馬。中京でも重賞勝ち。スプリンターズステークスは、差し馬でまともに走ったのはこの馬とスノードラゴンだけ。それなりに強い勝ち方だと思いましたが、外目に持ち出す乗り方。今回は内枠。全く内を割れないということはないでしょうが、若干、不安も。

8 バクシンテイオー

この馬もスムーズに差せる枠、展開が良さそう。前走内容から、中山が向く馬でもなさそうでしたが、内を捌く展開では力不足な感じ。

 9 シュウジ

乗り難しい馬。内枠向きですが18頭立ての真ん中の枠ならまずまず。馬群で溜めるほうが良さそう。展開と乗り方が嵌れば。

10 クリスマス

前走は巧く乗られたので、今回は工夫しないと集中できなさそう。内容的には評価できませんが、メラグラーナとの着差からは、今回も嵌れば。 

11 スノードラゴン

前走は外を追走した追い込み馬には辛い馬場。昨年のスプリンターズSも0.1差。外目の枠で展開嵌れば同様に好走できるはず。

12 メラグラーナ

オーシャンSはそれなりに強い競馬。まだ底を見せていないので。

13 ソルウェイグ

シルクロードSは極端に内枠不利だったわけでもなさそうなのに走れず。能力はスプリンターズS3着で示していますが、上がりの速いレースではキレ負け。今回の方が条件は良くなる筈で、展開が嵌れば。

14トーキングドラム

前走はダート指向の馬が馬券になる特殊なレース質で展開も向きました。今回も嵌まらないと。

15 ヒルノデイバロー

後方から外を回しては届かずが続いていましたが、阪急杯は展開と馬場にも恵まれて、馬群を捌いて2着。さすがに前走以上の上積みは難しそう。外枠は悪くないので展開嵌れば。

16 トウショウピスト

オーシャンSはそれなりに力を出し切った内容。前残りで展開嵌らないと難しそう。

17 ナックビーナス

オーシャンSはローテも向いた結果。上積み疑問。

18 ワンスインナムーン

前走は馬場向いたとはいえ、先行馬が全滅したレースで、位置を取った馬では最先着で2着。外枠が不利にならなければチャンスもありそう。