読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断崖絶壁

競馬。重賞の復習記事、最近の開催の血統傾向、馬場傾向分析についての研究など。亀谷敬正さんのサイト、ブラッドバイアス血統馬券プロジェクトのユーザです(www2.blood-b.com/wp/)。

4月1日、2日 重賞の復習(ダービー卿CT、大阪杯)

各馬コメントの馬名太字

☆=次走~3走以内目処、短期的に期待値高そうな次走注目馬。

☆☆=次走注目馬の中でも特に期待値高そうな馬。

★=長期的に注目しておきたい馬

大阪杯の復習

◎アンビシャス

(概要)

G1に昇格。緩い流れ、バラけた展開でキタサンブラックが順当勝ち。

(各馬メモ)

キタサンブラック

速い流れの内枠で仕上がり途上なら脆さを見せる期待ができたが、逃げた馬が59.6、その後5馬身以上離れた3番手で緩い流れ。スタートから2角まで、サトノクラウンデムーロ騎手、サクラアンプルール横山典騎手に外から被される展開でちょっとだけ怪しい雰囲気もあったが、結局馬群がバラけて、向こう正面では自分の競馬ができる位置に。完勝。

ステファノス

内枠で揉まれるのは良くない馬。前に位置取って、3-4角ではバラけていたので。勝ち馬にスムーズについて行ってそのまま入線。

ヤマカツエース

前半スローで後半長く脚を使う流れは得意。有馬記念でも差し馬で最先着で接戦していたので。

マカヒキ

緩い流れでむしろ良かったが、直線スピード争いできる条件向き。内回りや重い馬場は不利。

アンビシャス

外枠からスムーズ。昨年は横山典騎手が2番手につける好騎乗。今年は順当に後方待機したのでこんなもの。

サトノクラウン

晴れて標準的な馬場、また速い上りも要求される展開は不利。これからの季節、大雨でも降らないとなかなか適鞍がないが。

ミッキーロケット

後方から。もっと体力要求される条件が良かった。

サクラアンプルール

疲労出たが、負けすぎ。なんともなければ、重い馬場で巻き返しを期待。

ロードヴァンドール★

疲労出た。まだ若く、小倉大賞典金鯱賞と力見せているので、疲労抜ければ今後も。

 

ダービー卿CTの復習

ダンツプリウス

(概要)

雨が残って重めの馬場。Bコースで先行馬、内枠決着に

(各馬メモ)

ロジチャリス

展開、枠順向いた。

キャンベルジュニア

展開、枠順向いた。

グランシルク★

4角ではまだ10番手、とても届かない位置だったが、さすがの反応で内を捌いて3着に。常に人気になるが、トップクラスだと直線スピードよりも器用さを活かしたいタイプ。

マイネルアウラート

外目追走したぶん4着。

ダイワリベラル

前走気分よく逃げた後だったし、今回は展開、枠順も不利。1600~2000mで体力活かせる条件で。緩い流れで位置を取って、なおかつ上りも速すぎない条件だったときがベストなので、OPでは弱い相手か特殊な馬場でないと難しそう。

ダンツプリウス

外枠不利。グランシルクをマークする形だが、キレ負け。不器用なので。

ガリバルディ

展開不利だし、前走の疲労も。