断崖絶壁

競馬。重賞の復習記事、最近の開催の血統傾向、馬場傾向分析についての研究など。亀谷敬正さんのサイト、ブラッドバイアス血統馬券プロジェクトのユーザです(www2.blood-b.com/wp/)。

1月28日,29日 重賞の復習(根岸S,シルクロードS)

根岸Sの復習。
◎キングズガード
(事前のレース質想定)
 近年は、人気の差し馬(というより追い込み馬)を信じて買うべきレース。サンデー系が好走しているのは、ダートなのに差し競馬というマイナなレース質だから。米国血統でも差し馬は走る。近走好調な差し馬有利であり、短縮差し馬も優秀な成績。

(概要)
 今年も差し決着。土曜から差し決着多めだった(全場ダートでの平均は20%弱程度が差し決着。東京ダートでも平均20%強くらい。28日の東京は50%。)。

(各馬メモ)
カフジテイク
  後方から。ダッシュつかなかったが、不利にはならないレース。短縮も良かった。
ベストウォーリア
  流れの中で落ち着いた競馬。単純に上位馬の中で前め馬群で競馬したので評価。でもこれまでの実績通りだ、という話。
キングズガード
  左回りはラストもたれる、とのレース後コメント。それは気づいていませんでした。2走前の同コース、グリーンチャンネルカップでカフジテイク に完敗しているので、こんなものですよねそりゃ、と思う。なおグリーンチャンネルカップは内を通る競馬で、なるほど、もたれるか ら内ラチ沿いを通りたかったと。
エイシンバッケン
  岩田騎手は、昨年末あたりから内を狙って捌いてくる騎乗が目立つように。カフジテイクに勝とうという姿勢を感じる。
ニシケンモノノフ☆
  レース質が全く合わなかったので0.7差は強い内容。
グレイスフルリープ☆
  レース質が全く合わなかったので評価できる。
タールタン
  差して我慢できると思ったが道中から案外だった。延長なら前に行く位置取りショック向き。
コーリンベリー
  煽ったスタートから馬群に。延長臨戦で大敗は仕方ない。

シルクロードSの復習。
◎ラインスピリット
(事前のレース質想定)
 例年、Bコースでも内の馬有利。淀短距離ステークス組は前走外枠不利でなければ、好調馬が連続好走しやすいレース。

(概要)
 外目の枠の馬で決着。

(各馬メモ)
 ダンスディレクター
  短縮ショッカー。
 セイウンコウセイ
  内枠の馬が走れなかったので、中枠から先行した馬が馬券になった感じ。
 セカンドテーブル
  内枠の馬が走れなかったので、中枠から先行した馬が馬券になった感じ。
 ラインスピリット
  位置取りショック嵌った後でストレスあったので、テンに行こうとしたのは正解の位置取りショックだった気はする。内枠が有利でもなかった状況では好走。
 ソルヴェイグ
  リフレッシュできていないのだろうか。調子悪そう。
 ブラヴィッシモ 
  やや重めの馬場のほうが良いし1400m向き。
 ネロ
  案外な内容。